アルコール摂取がギャンブルに影響を与えることは、きわめて明白な事実です。ギャンブルとアルコールの関係性は、今に始まったものではありません。研究者たちはこの関係性をギャンブルとアルコールの接点としてとらえています。実際、ギャンブルは幸運と感情に左右されるものです。そしてアルコールは(自分の限度を知っていることを条件として)、感情に良い影響をもたらすことができます。

アルコールにはあらゆる感情を引き出す力があるため、より多額の賞金を獲得するチャンスを高めてくれます。そのため、実店舗カジノやオンラインカジノでプレイする前、あるいはプレイ中にお酒を飲むギャンブラーもいるのです。カジノのプレーヤーが飲酒傾向にあることは驚くようなことではありませんし、そのような傾向が見られるのは、あなた一人ではありませんので、安心してください。

ギャンブル中にワインを飲む

飲酒がギャンブルに与える影響のひとつとして、負けが続いても「ワインを飲んで冷静になろう」と考えるようになることでしょう。実店舗かじのやオンラインカジノでギャンブルをしていると、色々な理由からワインを飲みたくなるものです。実際、人々はカジノで飲酒する傾向が見られます。そして誤解を恐れずに言えば、私自身もまたベテランの”カジノドリンカー”です。つまり、カジノでギャンブルゲームを楽しみ、もっと気分を上げるためにお酒を飲むのです。

世界的にみても、ギャンブル中の飲酒は決して珍しいことではありません。それは誰もが知っている事実です。飲酒がギャンブルに与える影響については、ギャンブル業界の関係者ならよく理解しているでしょう。アルコール依存症とギャンブルの関係性が高いのには明白な理由があり、ギャンブラーの間では、何の疑問や不安も感じることなく、お酒を飲むことは広く浸透しています。

ギャンブラーに占めるアルコール依存症の割合

ギャンブラーに占めるアルコール依存症の割合は、年々高くなっています。研究によれば、人々は数年前どころか何世紀も前から、お金を賭けるときにお酒を飲んでいたそうです。ギャンブルとアルコールの関係は、ギャンブルの流行と同じくらい古いものであり、研究者の間では「ギャンブルと飲酒の関係性」は常に議論の上位を占めています。

ご存知のとおり、アルコールは、感情をプラスにもマイナスにも左右する力を持っています。これを当然のこととして上手に制御しているギャンブラーもいれば、一方で、制御がきかなくなり社会では認められない問題行動を取るギャンブラーもいます。ギャンブラーがカジノ好きなのは事実ですが、カジノでお酒を飲むこと自体が好きなプレーヤーがいることもまた事実です。

お酒を嗜むギャンブラーがいる理由

ギャンブラーの中にはお酒を嗜む人、カジノを楽しむ人がいますが、これには明確な理由があります。ここで質問です。正直にお答えください。あなたは、ギャンブルをしながらお酒を飲みたいと思いますか?大半の人がyesと答えるでしょう。カジノでの飲酒は、プレーヤーの間では常識であり、ほぼ全てのプレーヤーがそのことを知っています。

ですから、どう考えても、アルコール依存症を抱え込んでしまうギャンブラーが多いことは否定できません。ギャンブルやカジノゲームを楽しむ人の間には、どうしても飲酒が蔓延してしまうものなのです。